無料ブログはココログ

トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

のびのびと

アンコーラ♪

追伸です。

榊原さん、おとなにはサインに 「自然に」 とお書きになる。

では、こどもには?

のびのびと」 とお書きになります。

だから、このヒッポファミリークラブの活動は、自由で居心地がいいのだと

いつも 「有り難う」 と思っています。

自然に

セラマッパギー

アパカバーr?  バイーク!

今年と来年いう、ひとつの区切り(ある意味人工的な・・・)をもうすぐ迎えますね。

ヒッポファミリークラブを30年前に始めた榊原陽さんは

著書「ことばを歌え!こどもたち」にサインをしてくださる時、

おとなには “自然に” とお書きになります。

(私の本にはサインは無いけれど、見せてもらった)

自然(じねん)・・・自ずとそうなる

ネイチャー(ラテン語)・・・自ずとそうなる

とのこと。

「ことばと人間を自然科学する」ことを研究テーマにしている私たち。

今年は、いろいろなことがあって

ことばの育つ環境が含まれる、地球の宇宙の自然、ネイチャーに

想いを馳せたなあ・・・(まだまだわからないことばかりだけれど(^^)

そして、仕事納めも終わった休みにすることは、大掃除。

我が家はとてもコンパクトなので、掃除というより片付けが重要。

何もおいていない床面積をいかに広くするかが課題です。

日本でも「断捨離」等の整理本が多数出ていますが、

我が家には夫が購入した「ドイツ式シンプルに生きる整理術」

リタ・ポーレ著 畔上司訳 主婦の友社 があり、

たまたま昨日めくったページには、こんなことが書いてありました。

P156

“空白(無)は、極東のあらゆる哲学の中心である。(中略)

 いったん無にならなければ、そのあと豊かに満ちることはない。

 器が空白(無)にならなければ、何も注ぐことはできない。

 つまり、「空白」(無)は「何もない」ことではなく、そのあと満たすための前提条件なのだ。

 中国の哲学者老子はこのことを次のように記している。

 「(車輪の構造は)放射状に出た30本の や(訳注:スポーク)が

  1つの こしき(訳注:車輪の中央)に集まっており、

  それの中空の穴のところで、車輪回転の作用が起こる。

  陶土をこねて、器物を作るが、その中空のところに、器物の利用がある。

  戸口や窓をあけて、室を作るが、その中空のところに、室としての利用がある。

  だから、有が役に立つのは、無が働きをするからだ」   老子(木村栄一・加地伸行訳、河出書房新社)”

おとなになると

いや、もう小学生で、日本語以外のことばは「わからない!」と

面白がるより、面白がれない。

それは、現代日本では自然なのだろうけれど

本来の自然なのだろうか・・・・???

わからないから、わかることができる!

地球のこと、宇宙のこと、わからないことばかりのはずなのに

あたかもわかったような気になって日々の暮らしを営むのは

本当の自然じゃないような・・・

明日は、除夜の鐘を聴きながら、地球、宇宙、過去、未来を想うのがいいのか

「無」になれるように意識してみるのがいいのか・・・

みなさんは、いかがですか?

2011年12月29日 (木)

地球儀

ボンジュ~r

サバ?

サバ ビアン♪  でも毎日寒いね・・・

冬至が過ぎたとはいえ、まだまだ朝陽が昇るのはゆっくり。

カラスが鳴いて空が明るくなるのは、6:25とかかな。

先日、フランスからのレポートを送ってくれた高校留学中のララは

どんな朝を迎えているのかなあ。

フランスのノエルは、どうだったんだろう(^^)

我が家の次女の今年のサンタさんへのお願いは、「大きめの地球儀」でした。

その願いは、彼女のサンタさんに届けられまして・・・ユッピー♪

家族で始めた、多言語の自然習得活動。

長女は今、卒論も提出し、就職前にどうしても

フィンランドによばれているから(?)行きたいと毎日アルバイト。

夏休みには、8kgのバックパックを背負いアメリカ横断の旅で

何か大きなものに出会ってきた様子。

夫は、仕事でたまーにシカゴやドイツに出張。

先日は得意先の台湾の方と、(小包を送ってくれた)チャオルンの話をしたら

「日本人は欧米人しかホームステイを希望しないのかと思っていたけど・・・

 それはうれしい」と褒められたよ! と。

そんな、具体的なコトバになったり、行動になったりしない

まだ10歳の次女は、生後6カ月から、ヒッポファミリーの環境にひたっている。

彼女のこれからは、どうなるのかな~

私の人生もこれからだけど(^^)、一緒にながーい目で成長を楽しみたい。

まごと一緒にこの活動を楽しんでいる多くの先輩のみなさんのように♪

サル~ ヽ(´▽`)/

やさしい響きの韓国語

アニョハセヨ~

昨日は、一昨日 日本に来たジョンウン(12歳、中1)の歓迎会でした。

ホストファミリーは、半年前にヒッポファミリークラブに入会したかんちゃんご家族。

私も、かんちゃん宅に伺うのは初めてで、手描きの地図を頼りに車で1時間弱ドライブ。

無事、到着(トーチャ)ケッター

張り切って、「アニョハセヨ」とあいさつすると、日本語が上手でした。

学校や塾で勉強したのではなくて、

日本が大好きで、(嵐のやまぴーと櫻井くんが好き♪)自分で勉強したとのこと。

読み書きもできて、中国語と英語も勉強しているとのことでした。

今年の夏休みには、彼女の弟がホストで日本の小学生の男の子を受け入れし

今、小5の弟は、その男の子宅にステイ中。。。

韓国語でも、自己紹介してもらいました。

とても やわらかい やさしい響きの12歳の女の子の韓国語は、とても心地好かった(*^^*)

歓迎会といいながら、集まった小中学生男女は、ジェンガをしたり

おみやげにもらったコンギ(?だったかな? 日本のお手玉みたいに遊ぶもの)をしたり

おやつをつまむ以外は、暗くなっても ずーっと外で遊んでいました。

これから、ジョンウンは、町のスキー教室に参加したり、紅白歌合戦を見たり

初詣に行ったり・・・と、日本の冬休みを日本の家族と一緒に過ごします。

子どもたちが国を越えて、ワッタガッタ(行ったり来たり)するという

この信頼関係。

築きあげてきた人の存在に感動します。

そして、私も、それを担う人としていられることに感謝イムニダ。

アンニョン♪

2011年12月24日 (土)

2歳児の気持ちは、うっとりするほど美しい

zドラストビーチェ! カクジュラ? ハラッショ!

昨夜は、近隣5つのヒッポファミリー合同のクリスマス会。

冷たい風が吹く、一年で1番早い夕暮れの日だったけど、

たくさんの人が集まることで、とっても、とーっても温くなった

「世界のことばで歌って踊るクリスマス会」でした。

メンバー以外の方も一緒に楽しんだ第一部の最後は

メキシコのお祭りでおこなわれるピニャータという

お菓子の入ったくすだま割りで盛り上がりました!

1番小さい1才の子から順番にたたいていって、高校生男子が割ってくれました。

第二部は、メンバー自作のお料理持ち寄りパーティ。

長いテーブル4つに並んだお料理プラスデザートを

生後6カ月の赤ちゃんから、2~3才の未就園児、幼稚園児、

小学生、中学生、高校生、大学生、そしておとなたちみんなでいただきました。

みんなで食べる食事は、オーチン フクースナー(*^^*) 

その後は、パン食い競争ならぬお菓子食い競争や大縄跳びのお楽しみ会。

そんな中、

まだまだ小さくて、自分のからだも上手にうごかない感じの2才の女の子は、

大縄でみんなが跳ぶのを見て、そのすぐそばで、

一緒にぴょんぴょんとひとりでジャンプしている!

ピニャータの時も、そばに近づいてあぶないくらい、一緒にやりたいの!

そんな、「みんなと一緒に自分もやりたい!やってる!」

きっと自分で意識してはいない(だろう)2才児の気持ち、存在は、

うっとりするほど美しい  と思うのです。

2011年12月23日 (金)

台湾から小包

りーほー!

ほもあ~?

ほうほう!

台湾のChiao Lun Wu から、夫宛に小包が届きました。

チャオルンは、3年位前の夏休みに、我が家にホームステイした大学生。

ビーズなどの手仕事が上手で大好きで、

近所のお店で選んだ材料で、(買い物は長かったなあ・・・)

きれいなビーズのストラップとかポケットティッシュカバーとかを

夕ご飯を食べた後などに家族分、ささっと作ってくれました。

うさぎも好きで、台湾で飼っているうさぎのために、スーツケースにいっぱい

うさぎのえさ(干した草よ!)(^^)をおみやげに買って帰りました。

(当時)日本製のえさは、台湾ではかなり高額らしく。

近所の比較的大きなペットショップでは、1時間以上カートを押して

ショッピングを楽しんでいましたね~。

私は、スカイプとか面倒なタイプですが、

夫は機械好きなので、帰国後も、夫とチャオルンは仲良し。

小包のシールには

「脆弱郵件」「小心搬運」「此面向上」など

読めば分かる!漢字がいっぱい。

漢字ひとつからも、

ヒッポの仲間から、ベトナム語のありがとうの意の

「カモーン」は「感恩」なんだって! と聞いたりすると、

ことばの自然なふるまいは、人間のふるまいなんだなあ・・・と

今までの歴史に想いを馳せたり♪

そんなことも、おもしろい(*^^*)

人と出会うことで、ぐぐっと、自分にとっての本物になるんだよね。

地球のいろんなところに、娘がいるって、これからが楽しみheart04

再見!

2011年12月22日 (木)

話せるようになるプロセス

ハムジャンボーテ

ジナニングニ ファミちゃん

赤ちゃんが日本語を話せるようになるプロセスを

おとなになって、自分がたどるとおもしろい。

赤ちゃんの時は、誰にもあるけど、自覚も記憶もない。

でも、自覚と記憶を持ってから、自分におきた赤ちゃん体験は、

伝えることができる。

そして、他の人との同じを(と)共有、共感、共鳴することができる。

私の場合は・・・

話せるようになりたい!という強いモチベーションはなかった。

言われた通りに

週1~2回ヒッポファミリークラブの活動の場に出ていた。

気がついた時に、ヒッポのオリジナルCDをBGMのようにかけていた。

「また~」と思うくらい、どこのファミリーに行っても誰かがマイクをもつと

「韓国語の空港歌います」と言っていて、

空港で主人公ソノコとホームステイ先のホストファミリーが出会う場面を

あきもせず(また~?なんて絶対に言わず)、みんなくり返しくり返し何度も

一緒に声を合わせて歌う。

だから、私もみんなと同じように言えるようになった。

感動なのは、それを韓国から我が家に来たスニョンに言ってみたら

「おかあさん、韓国語上手ですね」と言われたこと。

言ってみた私は、びっくり。

でも、とりあえず、片言でも、「何か言ってみる」のがすごく楽しみになった。

そういうことなんだと思う。

私はパチンコも株も競馬もやらないけど、

あたっちゃった~みたいな感じ?

そうすると、「またあの思いをしたい!」と、はまるみたいな?

ドーパミンがでちゃったのかな(*^-^)

それからです。

「話してみたい」と思うようになったのは。

赤ちゃんも、おとなも小学生も、みんな同じかなあ。

だとしたら、とりあえず言ってみた的なことばを

受けとめる人が大事よね。

今日は、誰のどんなことばを受けとめましたか?

そして、自分からは、どんなことをとりあえず言ってみましたか?

お互いにことばのキャッチボールをしたくなる"関係性"って大事よね。

アサンテ!

2011年12月21日 (水)

コラソン アビエルト! 心を開いて

Hola! Como esta? Muy bien?

ヒッポのオリジナルストーリーの1つ

「世界に広がる多言語仲間」という話の中に

メキシコでトランスナショナル合宿をする場面があって。

(メキシコでもヒッポがあって、実際に日本と同じ活動をしています!)

素敵なことばがはいっているの。

「合言葉は、コラソン アビエルト! 心を開いて」

聴いた人、読んだ人が自由に受け取ればいいのだけれど

私は、そのココロを 「囚われない~♪」 とも言い代えられるかなと思った。

(漢字という表意文字もムイ インテレサンテ)(^^)

いろいろな人が話すことばは、いろいろな背景がついてくる。

自分の囚われを疑って、それに囚われず、

人が話すことばの本質を感じたい。

   (なぜそう思うのかは不明だけど。。。)

2011年12月20日 (火)

ブログをはじめたのは・・・

Ciao! tutti

夜が明けるとき、からすが鳴くから、いつもベランダに出てみる。

今朝は、素晴らしい濃いオレンジ色の朝焼け。

そして、月は真っ白に輝いていて・・・ すごくキレイ。

思わず「わぁっきれい」と声がでちゃいました。

(このブログ画面、なぜか、1行空けて表示するようにできないから、いきなりだけど)

どうして、ブログをはじめたかというと・・・

酒井邦嘉先生(クニ)著 中公新書

「科学者という仕事  独創性はどのように生まれるか」

という本を読んだのがきっかけです。

ヒッポのフェロウという役割(≒目指したいのは、ことばと人間を自然科学する研究員)

をさせていただいているので、

(かなりおこがましいのかもしれないけど)

「フェロウという仕事」とも読み替えられるなあ・・・と感じたから。

興味を持ってもらえたらうれしいから、目次からことばを選んでみると

・科学研究のフィロソフィー 知るより分かる

・模倣から創造へ 科学に王道なし

・研究者のフィロソフィー いかに「個」を磨くか

このへんが、なるほど~と参考になり

そして、

・発表のセンス 伝える力

が、仕事なんだ!と。

そこには、厳しい査読という関門があることや

出版物とインターネットの違いも、落ち着いたものごしで書かれていて

共感したのです。

研究者って、基本食べられないものなんだ・・・とも思ったし。

それでも研究していくモチベーションってすごい。。。

(ヒッポの活動では、人と比べないので、はずかしげもなく表現すると)

ならば、自分にできることは、少しでも出力したい!と思ったの。

そして、それは、できるだけオーガニックで気持ちのよいもの♪を・・・

と思っています。

空気も水も、みんないただきもの。

ひととことばも、みんないただきもの。

母で、主婦で、妻?で、そんな自分を大切に生かしたい活かしたい。

これからもみんなと一緒に

ことばになるもの ならないもの いろいろ感じて見つけて分かち合いたいな♪

2011年12月18日 (日)

赤ちゃんみたいにわかることだけ

アンニョン!

ファミちゃんイムニダ。

オジェ、ヒッポファミリークラブ活動イッソヨ。

Christmas’歌ノレハゴナ、チュンチュゴナ。

チョンマル チェミッソ~♪

毎日寒いね~

みなさま&ご家族もお元気ですか?

今朝の朝陽も、暖かく輝いてくれていました(*´v゚*)ゞ

昨日のファミリー(←と呼んでいる多言語の自然習得活動の集まり)では

デリでハムサンドを注文して買うまでの情景を

ヒッポファミリークラブオリジナルのCDに合わせて

韓国語、中国語、ベトナム語、マレーシア語、

フランス語、イタリア語、ドイツ語、スワヒリ語で

歌うように、声に、音に、してみました。

韓国語の「調味料」は、日本語の「調味料」そっくりだったり

スワヒリ語の「コショウ」は、「ピリピリマンガ」だったり(^^)

日本に居ながら、地球儀半周した気分。

それを同じCDを持ってる仲間と一緒に楽しめるって、おもしろい♪

茂木健一郎さんのブログ(@niftyココログ)で、

どなたかと茂木さんのお話の中に、

日本の大学は、回収型産業

つまり、受験料や授業料、文科省の補助金が収入源。

それに対して、アメリカの大学は、投資型産業。

在学中に一生懸命教育して、人を育てて、卒業生が活躍してくれれば、寄付をしてくれる。

というお話があり、

「わー、漠然と思っていたことがコトバになって書かれてる」と思いました。

私が、仲間とともに主催しているヒッポファミリークラブも

投資型の活動としてやっていけたらいいなあ・・・と思いました。

だって、楽しいこと、おもしろいことがいっぱいなんだもの。

先日も講演会で、ことばの自然習得の話を伝えたら、

参加してくださったシニアの方から、

「もっと若い頃に知っていたら、外国語が好きになれたのではないかと思いました」

とか

「子どもの頃にこの活動に出会えたらと残念に思っています」

など、ご感想をいただきました。

後者の方は、今から、その夢を一緒に叶えるべく仲間になっていただけましたが(^^)

そんなこんなで、毎日、楽しく♪ おもしろく♪

赤ちゃんみたいに、まわりの環境から、わかることだけをわかっていく。

そんなプラスのエネルギーが、チョワ~

アンニョン!

2011年12月17日 (土)

Snowflake theory

ナマステ~

アチャヘ?

メービー アチャフー

このブログのサブタイトルにいただいた

「Snowflake theory」

今、というか、実は無意識のうちにきっとずっと前から

大好き! そしてそれをそうなんだよ!と思うことを

小さい頃から求めていたのではないかなと思っています。

先日、地元での講演会の講師をしてくださった

フェロウ仲間(大先輩です!)のわかちゃんが

今年早春のU.S.A.ボストンで開かれた

Dr.チョムスキー講演会に参加して報告してくれた中の

たくさんのことばの中のひとつが「Snowflake theory」

講演会のテーマは

“Language and Human Nature; What is Language?”

ことばのひとつひとつは雪の結晶のようで、

全てひとつひとつ異なっている。

その雪が手のひらに落ちて、溶けて姿を変えていく時に

その人の独自のことばになっていく。

同じものは、ひとつとしてない・・・

そして、

“Variety of languages,
  where they are similar,  where they differ.
  Core human capacity.”

どんなことばも、ひとつ、人間のことば

“Individual language acquisition”

人間なら誰でも、人間のことばが話せるように設計されて生まれてくる。

ことばは、教えられて話せるようになるのではない。

あー、わからなくていいから

チョムスキーの声が聴きたくなった♪

バ~イ~

2011年12月16日 (金)

ガウディのことば

Hola!

soyファミちゃん

20代の頃、ピカソが好きで、

ガウディの建築がこの世のものとは思えなくて、ひと目見たくて、

(新婚旅行で)スペインに行ったんだった・・・

ガウディさんは言ったそうだ。

「人間は何も創造しない。発見するだけだ。」

先日、古本屋さんに久しぶりに行った時、目に留まったのは

「相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学」

-アインシュタインと膨張する宇宙-

という長いタイトルの本。

アミール・D・アクゼルという人が書いていて

奥さんはMITでライティングを教えているんだって。

ヒッポファミリークラブ発行の

「量子力学の冒険」がなかなか読めないんだけど

そこに出てくる人の名前が、こちらにも!

「えっ、これは、どこかで繋がるかもしれない!」

そんなワクワクが楽しい♪

そりゃそうだ。

みんな地球に生きている、生きていた人なんだから。

そんな、ことばとひとの発見。

「みつけたの!きいて聴いて!」を綴っていきたいと思います。

よろしくね♪

トップページ | 2012年1月 »