無料ブログはココログ

« ガウディのことば | トップページ | 赤ちゃんみたいにわかることだけ »

2011年12月17日 (土)

Snowflake theory

ナマステ~

アチャヘ?

メービー アチャフー

このブログのサブタイトルにいただいた

「Snowflake theory」

今、というか、実は無意識のうちにきっとずっと前から

大好き! そしてそれをそうなんだよ!と思うことを

小さい頃から求めていたのではないかなと思っています。

先日、地元での講演会の講師をしてくださった

フェロウ仲間(大先輩です!)のわかちゃんが

今年早春のU.S.A.ボストンで開かれた

Dr.チョムスキー講演会に参加して報告してくれた中の

たくさんのことばの中のひとつが「Snowflake theory」

講演会のテーマは

“Language and Human Nature; What is Language?”

ことばのひとつひとつは雪の結晶のようで、

全てひとつひとつ異なっている。

その雪が手のひらに落ちて、溶けて姿を変えていく時に

その人の独自のことばになっていく。

同じものは、ひとつとしてない・・・

そして、

“Variety of languages,
  where they are similar,  where they differ.
  Core human capacity.”

どんなことばも、ひとつ、人間のことば

“Individual language acquisition”

人間なら誰でも、人間のことばが話せるように設計されて生まれてくる。

ことばは、教えられて話せるようになるのではない。

あー、わからなくていいから

チョムスキーの声が聴きたくなった♪

バ~イ~

« ガウディのことば | トップページ | 赤ちゃんみたいにわかることだけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Snowflake theory:

« ガウディのことば | トップページ | 赤ちゃんみたいにわかることだけ »