無料ブログはココログ

« のびのびと | トップページ | ファミリーに出かける前は・・・ »

2012年1月 5日 (木)

まねをする

グレゴリオ暦の2012年がstart!

みなさまにとっても、感動と発見と笑顔の年になりますように\(^o^)/

年末年始、元旦以外はアルバイトに勤しむ長女。

昨日の朝、出勤前に台所で立ち話。(夜は私が先にソニドーロ・・・なので)

「まねするってすごいね~!」と。。。

私がヒッポファミリークラブのフェロウになって、満5年。

多言語の自然習得活動の体験会を何回開いてきたのかな・・・

ことばは、聴こえてくる環境と受けとめあう人との間で育つということ

その第一歩を「まねをする」ということばで表現してきました。

音楽にあわせて、からだを動かすことも そう。

まわりの人がやっているようにゲームにまざっていくのも そう。

聴こえてきた声、音を口に出してみるもの そう。

そんなことを意識したり、無意識だったり

やりたい時もやりたくない時でさえ、ヒッポの場に行くと

とりあえずやってみることが続いているわけで。

小さい子がまねをしている姿や、自分以外の人がまねをしている姿も

当たり前のように日常に「ある」。  なかなか自分の姿は自覚しないけど・・・

それを改めて「すごい」という、ココロは。

彼女は、婦人服の福袋の販売のアルバイトを人生初体験。

きっと社員さんのまねをしてみたのでしょう。

仕事をあがる時に、社員さんや課長さんから

「どこかで販売やってたの?」と聞かれたそう。

レジや品出しはやったことはあっても

婦人服の販売で、ご試着どうぞ~とかは初。

(福袋のコートだけは試着可能だったそうよ)

閉店間際、試着した中国語を話すお客さんに

中国語で「フン可愛(クーアイ)」って声をかけたら、

買うつもりがなかったお連れの人まで買って行って

売り上げ貢献した~って言ってました。

初めての場でも、そんな風に楽しめて、喜べるっていいなと素直に思いました。

(アルバイトしながら遊んでるみたいに聞こえた)

そのキーワードが、「まねる」だったとのこと * * * ♪

そんな話は、私にとって宝物。

P.S.

この「まねる」というコトバで表現される状況の詳細?システム?しくみ?は

脳科学やチョムスキーさんの言語学からは、なかなか奥深いものがあるそうで。

まねること自体が創造しているそうだ。

確かにアルバイトしながら遊んでるみたいって思うのは、そういうことなのかな?

わかるような、うーん、、、

やっぱり いまいち 実感、これだ!っていう感動がオプソ

腑に落ちないとはよく言ったもんだ(^-^;

« のびのびと | トップページ | ファミリーに出かける前は・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まねをする:

« のびのびと | トップページ | ファミリーに出かける前は・・・ »