無料ブログはココログ

« ことばのリハビリ第一歩に立ち会った | トップページ | 私が共振することば »

2012年1月20日 (金)

講演といっても、いろいろ・・・

サバハルヒー

今日は、東京周辺は、雪のような霙のような。

ずっと乾燥していたので、ちょっとうれしい。寒かったけどね~

今日は、PTAの研修会で、前埼玉県教育委員長の松居和氏の講演を聞きました。

人に頼りきる話せない赤ちゃんに思いを寄せることで、親としての忍耐力がつく。

無心に遊ぶ幼児と一緒に過ごすことで、人としてのよいところを引き出してもらえる。

などなど、泣いて笑って、感動する講演でした。

親が子どもに育てられる不自由という幸せ

家族のきずなを改めて意識しました。(自分の親も含めてね)

言われてみれば あたり前の子育て観・家族観。でも、なぜか失われている・・・

それは、ヒッポがとりあげている言語観にそのまま通じるものがあって。

同じがたくさん見つかって、おもしろかった♪

ヒッポファミリークラブの講演会も、ことばと人間がテーマなので、

ためになるとか、勉強する講演会ではなくて、まるで今日のように

人として生きていてよかった~(*^^*) と感動して、元気が出ることが多いのです。

そして、今、リアルな社会では失われつつある 表面的なコトバに頼らない

コミュニケーションや異年齢の人がヘテロに交ざる場(ファミリー)があるのです。

いつも幼稚園や保育園みたいに歌ったり踊ったり遊んでる♪

「7カ国語で話そう。」をキャッチフレーズに、ことばをやっているクラブなのに

コトバに頼らないって、すごく逆説的なんだけど。

でも、気づくと、リアルな世の中は逆説的なことばかり

というか、陰陽がその場その場で、微妙なバランスで存在してるというか。

今日は、松居氏の話に、次女の小学校のPTA活動にも

そしてヒッポファミリークラブの活動にも

とても大きなLOVEを注入してもらった感じです。

(おき火になっていたモチベーションに火がついた感じ)

そうだよ。これでいいんだね。

« ことばのリハビリ第一歩に立ち会った | トップページ | 私が共振することば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講演といっても、いろいろ・・・:

« ことばのリハビリ第一歩に立ち会った | トップページ | 私が共振することば »