無料ブログはココログ

« フーリエの冒険 | トップページ | キエフとチェルノブイリは近い »

2012年2月25日 (土)

最近の読書

Ola! Tudo bem?

Tudo bem(^^)

今年の冬は、本当に寒いですね。

でも、立春から雨水へ

そして、これから啓蟄へと、春が近く感じる今日この頃です。

火曜日に、(私の所属する地域の)フェロウズミーティングで聞いた

留学生が発見した漢字の面白さの話。

明日は、日(昼間) ⇒ 月(夜) ⇒ 日 だから明日。

なるほど~と思いませんか(^^)

そして、私たちがいつもファミリーでやっている

だから2才の子もマイクを持って話すスペイン語の自己紹介は、すごいらしい。

「アミメグスタ ・・・・」 自分の好きなことを紹介するときに言っているんだけど

それは、文法的にはスペイン語を勉強している大学生にも難しいとのこと。

それをまるごと聴いたまま言うっていう(ある意味当たり前が)すごいみたいな。

たぶん、ババ抜きをやっている時に2才児が「見られちゃった~」というみたいな感じ?

そんな、おもしろい話も聴きつつの今週。

今日は、個人的な最近の読書の話題を・・・と思って書き始めたのでした(^^;)

しばらく、イギリスのガイアブックスから出て翻訳されている

カラーヒーリング、サウンドヒーリング、チャクラヒーリングを

何回も熟読?というより、パラパラと読みたいところを読んでいましたが

図書館でたまたま手にとった「鏡リュウジの魔女入門」が面白かったので

それから、そちらに移動していました。

「鏡リュウジの星のワークブック」で、自分や娘たちのホロスコープをながめて、

宇宙からの波の影響って、おもしろいんだろうなあ・・・と思ったり。

もう、かなり前(ヒッポに入る前)、在宅で仕事をしている時のBGMがJ-waveで

その頃からジョン・カビラさんの声が大好きなのですが、

鏡リュウジさんの声も、とてもいい感じだったのです。

で、毎月、満月の夜に交わされた神道学者と占星術研究家との往復書簡集

"心の中の「星」を探す旅 わたしって本当は何だろう" を発見。

(それは、正直、男の人の話だなあ・・・と思っちゃってね、残念ながらオワリなんですが)

その神道学者が鎌田東二という人で。その人のHPでみつけたことばを

きょうは、このブログで紹介したかったというわけです。(前置き長くてロシエント~)

今、鎌田東二さんは、一条真也さんと満月の往復書簡をHPに掲載中でした。

そのなかに

幸せになるための「はひふへほ」の法則
「半分でいい」「人並みでいい」「普通でいい」「平凡でいい」「ほどほどでいい」の心
また、「縁」「援」「宴」「園」「円」の5つの「エン」

という一条さんのお父さんのことばがあり、いいなあと思ったのでした。

昨夜、次女がお風呂の中で、

「今日は学校で、2分の1成人式の準備で、10この夢を書いたんだ」と

もわもわした壁に10この夢を描いていました。

「ママは?」 と聞かれて、うーんと考えました。なんだろう・・・・

ぼくはなあに? だにんぼうや? うぉーしーしぇんま?

ケソヨ? ジュスィクワ? ヴァスフィニッ?

「小学校5年生のころは、たぶん、国語辞書をつくる人になりたかった」

「辞書をつくるって? 印刷して折ってとめる人になりたかったの?」

(↑手作り文集のイメージだね ハハハ♪)

「印刷する前の、このことばはこういう意味ですとか、こう使いますっていう原稿を書く人」

その次は、アルトのオペラ歌手になりたかったかも。

私は、2.5倍成人式。

まだまだじたばたしていて、いいじゃないですか。楽しいし、まんざらでもないです(^^)

まずは、冬の間、あまり動かず、読書も多かったので、

陽射しのあたたかさとともに、動きたいなあ!

テーマは、やはり、「波」です。つづく・・・・

« フーリエの冒険 | トップページ | キエフとチェルノブイリは近い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582787/54069441

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の読書:

« フーリエの冒険 | トップページ | キエフとチェルノブイリは近い »