無料ブログはココログ

« 12カ月児のことば・音・波 | トップページ | 赤ちゃんがぐずらない「場」 »

2012年6月17日 (日)

マッピング

ハムジャンボーテ!

昨日のファミリーでの、私からの話題は
「マッピング」

ヒッポファミリークラブで、みつけている
「ひととことばを自然科学する」ことというのは
ひととことばのマッピングではないかなと思ったのです♪

マップが全てではないけれど、マップがあることで
見通しを持って、意識的に目的地に到達することができるよね。

ひととことばのマッピングを、
なんとなく間違えてしまうような出来事が過去にあり、
そのマップを使ったままだと、ことばに対して冒険ができないかも・・・
でも、みんなでありのままのマップを編集しなおすことで、
新たな冒険にもチャレンジできるのかな。
そんなことをヒッポファミリークラブはしているのかなと思ったのです。

cuz

たまたま、書類から2年前のヒッポの講演会のメモが出てきて、
それに、
「脳の構造(解剖学)と機能(生理学)を繋ぐマッピングが
 酒井先生の仕事」 とあるのが目に留まりました。
(2010/5/23@なかのZEROホール
 特別講演/多言語で子育て!赤ちゃんに学ぼう
 人間はどのようにことばを獲得するのか?
 『最新の脳科学』と『多言語における言語獲得研究』の両面から
 ことばと人間を捉える
 講師:スザンヌ・フリン(マサチューセッツ工科大学言語学教授
     酒井邦嘉(東京大学准教授) 
 主催:言語交流研究所ヒッポファミリークラブ
 後援:文部科学省・東京都教育委員会)

そして、
先日、私はアレクサンダー・テクニークのレッスンを受けるチャンスがあり
(http://www.alexlesson.com/)
(私の趣味の)歌のボイストレーナーの友人と受講して
ボディマッピングというアイディア?を知りました。
詳しくは、↑↑↑のサイトにありますが、
そのサイトに、ヒッポとの同じをみつけて、共振したのです(^^)

私たちが小さい頃に素直に体を使っていた感覚を取り戻す。
私たちは、これを記憶している。久しぶりなだけ。
自分に気づき、思考と共に自分の体を扱う。

体の余計な緊張をとる方法論がアレクサンダーテクニークとのこと。
(腹部や頸部、背部の余計な筋緊張をやめることが副交感神経レベルを高めるそう。)

ことばに対する余計な緊張をとるのが、ヒッポのファミリーなのかなぁ? と・・・

« 12カ月児のことば・音・波 | トップページ | 赤ちゃんがぐずらない「場」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッピング:

« 12カ月児のことば・音・波 | トップページ | 赤ちゃんがぐずらない「場」 »