無料ブログはココログ

« なぜDVDではなく、CDなのですか? | トップページ | 聴く耳 »

2012年8月26日 (日)

台湾のBill

たげほー!

今週は、台湾語モード。

火曜・水曜に
台湾来日交流(青少年&家族)のゲストと過ごしました。(^^)

台北、台中、台南から、10才~おとなまで、22人が来日。
中には、この夏、日本の小学生を台湾で受け入れてくれたホストが
今回ゲストとなった組み合わせも複数ありました。

火曜日の対面式では、ゲストひとりひとりから自己紹介があり、
流暢な日本語を話す人も多かったです。
台湾でコーディネーターをしてくれている方は、とても素敵でパワフルで
すごく信頼できる感じ(*^^*)
こうやって、交流の橋渡しをしてくれる方がいるからこそ実現できるのだなあ~と
感動しました。

私は、メンバーの小5の男の子が初ホストとなり李くん(12才)を受け入れたので、
子どもの受け入れが初となるマーマと、ドキドキを一緒にシェアしたくて。

李くんは、Billと呼んでとのことでした。
ちょっとシャイなのかな~
あまり進んでからんでこない感じ。

対面式終了後、ヒッポ本部近くのワンピースのお店?でブュッフェランチをした時
コスプレをして写真を撮って、ニコニコでした。

お店は混んでいたので子どもが先にテーブルに着き、おとなは後から別のテーブルへ。
なので、あまり食事中の様子はわからないけれど、
Billが壁にかかっている衣装を着ていいかどうかを
うちの次女がお店の人に聞いたら「いいよ」と言ってくれたとのこと。

そのへんのやりとりは、実際はどうだったのか詳細は不明だけれど
そのようなコミュニケーションは問題ないということだよね(^^)

翌日の持ち寄りランチの時には、
いっぱい話すわけではないけれど、
誰かがピンポーンと来ると、「ストップ」と言って遊びを止めて玄関に迎えに出て、
誰かが帰るとなると、必ず玄関に送りに行っていたBill
私が帰る時は、「ファミちゃん」と呼んでくれて開心!
(自己紹介しておくもんだね)

そんな様子は、心があたたかくなりました(*^^*)

さあ、その後、木・金・土とどんな日々だったのでしょう・・・
そして、お別れの時は、どうだったのかな~
来週のファミリーでの報告が楽しみです♪

そうそう、台湾語では、がんばれの意味の「加油」は「がーゆー」
シートベルトは、北京語でアンジュエンタイ(安全帯)
ちなみに韓国語ではアンジョンベルトなんだって。
漢字を共有してるっておもしろいね。

« なぜDVDではなく、CDなのですか? | トップページ | 聴く耳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾のBill:

« なぜDVDではなく、CDなのですか? | トップページ | 聴く耳 »