無料ブログはココログ

« 子どものことばを、自分が何回もくり返して言ってみる | トップページ | 台湾のBill »

2012年8月26日 (日)

なぜDVDではなく、CDなのですか?

アンコーラ
先日の「赤ちゃんと話そう!」会の続きです。

最後に参加者の方に感想をお聞きしたら、
「質問なんですけれど、
 子どもが日常で日本語をわかっていくのには
 食事とか、お散歩とかその状況があるから、
 どうしてDVDではなく、CDなのですか?」と聞かれました。

私は、即答できなくて・・・

その場にいた、他のフェロウが次々に答えてくれました。
でも、正直なところ、私が腑に落ちていません。。。(^^;)
なぜだろう。
みんなの答えを聞いても、そうだよね!と感じられない自分がいます。

韓国の高校生は、ヒッポの環境が無い子でしたが、
我が家にホームステイに来たときも、居る間にも、どんどん日本語が
話せるようになっていました。
その子は、日本のドラマを観て+好きだから勉強したと。

それは、高校生だから?
赤ちゃんのやり方ではない?
ただ単に、マテリアルの作成の技術の問題なのか?
うまく整理できません・・・

きっと、赤ちゃんのやり方をもっと視点を持って観ていけば、
自然なふるまいから、わかることがあるよね。

今回意識したことで視点ができて、これから何かわかると おもしろいな~

« 子どものことばを、自分が何回もくり返して言ってみる | トップページ | 台湾のBill »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜDVDではなく、CDなのですか?:

« 子どものことばを、自分が何回もくり返して言ってみる | トップページ | 台湾のBill »