無料ブログはココログ

« 赤ちゃんはモチリンゴ! | トップページ | 落花生の収穫 »

2012年10月14日 (日)

話せるようになることは、教えられない?

ナマステ! アチャヘ?20121013_7

ファミc、アチャヘー (^^)

昨日の夜明け前、ベランダに出てみたら
星と月のきれいなこと! にびっくり。。。

すこーしだけほのかに
太陽の光が地平線から感じられている瞬間で
それを受けて余計に輝いているような☆☆☆
頭上の空は、星がいっぱい!
でも西の空は、自分から見ると星も見えないの。
すごく面白かった。(人の見る目っていい加減~)
(星と月、惑星からの音が聞けたらいいのに♪と思った・・・)


そして、それは10数分で終わり、
太陽のオレンジ色がどんどん美しく、20121013_8
それとともに空の色も黒から深いヴィオレなのかロイヤルブルーなのか
そこからの空のグラデーションも美しかった・・・
その30分の豪華なこと★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

(思わず携帯で撮った写真なのでイマイチですが、ロイヤルブルーの空の小さい白い点がお月様♪)

そして、また少し明るくなってしまうと、お月様はとってもうすくなってしまって・・・
暗いから濃く見えるものがあり、それは明るくなると見えなくなってしまう。それも忘れてはいけないなと。

こうしてみると、夜の月と星の美しさを伝えるのは、写真や絵の素人にはむずかしい。
まして、これを教えるとなったら???

自然なことを教えたり、記述したり、伝えたりするのは、とても難しいことなのだなあとノーベル賞の報道でも感じました。

昨日、たまたま(というか、そんな偶然ではなく)
ネット上でいろいろ探していて見つけたので見ることができた20121013_9
日原美智子さんという方の
「耳と声に関するセミナー」の講演(YouTube5コマ)でも
教えることの矛盾というか・・・難しさ、学ぶ人を混乱させる元?についてふれられていて、興味深かったです。
(なにしろ、11/30に私たち地元ヒッポのフェロウズも講演予定なので)

日原さんが声楽を学んでいた時、
同じことを表現するのに
先生によって表現の仕方が違うことに気づいたそう。

それは、その教えてくださる先生が歌を習得する過程で
「苦手なことを克服した自分のやり方」を表現しているにすぎないと。
なので、10人いたら十人十色。
それを混乱することなく、自分が整理して受け入れられればOK!
でも、もし、ひとりや二人の先生にしか出会わず
うまく習得できないとしたら
私とは肌が合わないで終わってしまうのかもしれない・・・と。

そうは終わらない話を、日原さんはなさっていたように感じました。

そこの違いは、みなさんもおわかりでしょうか・・・

それを教える、伝えるとは・・・

今の私にとって、有意義な昨日でした(^^)

« 赤ちゃんはモチリンゴ! | トップページ | 落花生の収穫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582787/55885413

この記事へのトラックバック一覧です: 話せるようになることは、教えられない?:

« 赤ちゃんはモチリンゴ! | トップページ | 落花生の収穫 »