無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

地域文集の原稿

Hey! 寒いですね!

でも、朝も夕方も空がきれいなこと!

毎日素晴らしくて、Wow(*^o^*)/ 感動しています。

こんな綺麗なものが、いつも在る。すごい!!

さて、私の住んでいる地域のヒッポ文集が発行されます。

バレンタインプレゼントに間に合わせたい時期に。。。

これから、集まった原稿の編集作業と印刷があります。

楽しみ・・・

だって、出版社のBebe版だもの♪

Bebe好きですから。。。

私の原稿

↓↓↓

2012秋頃から、myヒッポネームの意味が、自分の中(だけ?!)でカンビオしました。

入会前の体験会の時から、ニックネームが持てるなら「ファミちゃん」がいい!と思って、ずっとそう呼んでもらっていました。

ファミリアという子供服のお店のファミちゃん&リアちゃんという、くまのぬいぐるみが好きだったから、そのファミちゃんなんですよ(^^)

今の気持ちは、音は変わらないファミチャンだけど、FAMI に ちゃん が付いた感じ。

だから、FAMIでも、FAMIさんでもいい感じになってきました。

FAMIは、ファミリーやファミリアのファミというより、Do re mi fa sol のfaとmi。

そのこころは、mi第3チャクラとfa第4チャクラの間の横隔膜を大切にしよう!ということ。

赤ちゃんの泣き方も横隔膜の発達と共にあるような気がして、

犬の呼吸も含めて動物の呼吸がそうだから。。。

ことばも横隔膜と共にあるような気がして・・・

子音も口の構造と舌の機能で造るとは思うけれど、横隔膜と連動しているかどうかで

聴こえてくるものが違うような感じがして・・・

立ってメタカツをしている時に、横隔膜が動くかどうかでリズムとメロディーが変わっているような気がして・・・

言語交流研究所の研究員で、ファミリーを主催しているフェロウなので、毎年、気になる研究テーマがあるんだけど、ここ1~2年は「赤ちゃんのやり方」だったの。

それを昨年秋の久喜Hippo20周年記念講演会で、久喜フェロウズとの講演で話すことができて、チョンマルキップグナ!

入会時みろく(小6)とハルナ(6ヶ月)の子育てと共にあったヒッポ。2013年で干支ひとまわりになります。

ハルナが交流に出る世代になった今からは、自分の中の赤ちゃんを、もういちど育ててみようと思っています。

そのためには、私のサバイバルの過程で身に付いた不思議な習慣やいろいろな意味づけを
一度クリアにして、世界仕様の子育ての環境を創るとともに、自分も世界仕様にグレードアップできたらなという思いもあります。

地球に生まれたヒトとして。 そのヒトというものをクリアな光と音と共に生きていきたい♪

こんな素直な想いを文集に書けること自体、ヒッポの環境には有り難いものがあると思います。

2013年1月19日 (土)

幼児のワクワクする謎

メルハバ!  (あー、なんだかトルコ語話してみたい)

昨日は、赤ちゃん研究会。

集まったメンバーは、1歳児のママさん2人。
(共に上のお子さんは幼稚園だったり学校だったりで)

Bebeたちが、ひとりはベビーカーでお昼寝。

そして、もうひとりもマイペースで場を楽しんでいて
一回おっぱい飲んで、クラッとうたた寝したりして、
なんとなくおとなしく・・・

ママの話がゆったりたっぷり聴けました(^^)

終わって、お弁当ランチをしている時に

「うちの子が、ヒッポのCDが流れているときに
 『これって ○○しているんでしょ』って言って、
 その場面のことがわかってるの。不思議~」

という話が出ました。

私も自分の娘が小さい時に同じ経験をしていて・・・

何語かもわからないのに、
どうして○○してるってわかるのかなあ???

すごく楽しみでワクワクする なぞです(^^)

しばらく、わからなくてもいい♪

そんな 謎・・・・

2013年1月18日 (金)

太陽におはよう!

おはようございます!

今朝、東の 遠~くの低めの山から 太陽の光の気配が始まる頃

あたたかい 橙色の光が東の空を染めていました。

とても綺麗で、美しく  おもわず

「わあ、きれい!  おはよう 」と、自分の口からでたその瞬間の

気持ちよいこと!

その気持ちよさに びっくりしました。

大切なともだちにいうみたいな・・・

あいさつ って これなんだね、きっと。

何かに出会ったとき、 思わず 感動して 出る 声 ♪

それを 音 とも表現できるけれど、

人間の口から出たものを表したいときは、声? 音? 音声。。

まあ、そういう 口から 息を伴って でる 波動?

の 「おはよう」 と、

朝陽の あたたかい 橙(オレンジ)色 が

ぴったり たしかに 呼応した一瞬。

心に琴線があるのなら、 本当に 琴線がふれたような・・・

あ~ これをうれしい と表現するのか  よくわからないけれど。

おはよう!

2013年1月14日 (月)

コンパルティール

Hola!

朝から、久しぶりの雨です。

我が家の集合住宅の敷地内は、緑が多くて
自分の家だけではとても持てないような
大きなケヤキの木や、桜の木、梅や椿や木蓮や花水木など
植え込みがたくさん。。。
住み始めて、もう22年経つのに
最近、改めて緑の草や木のありがたさを感じています。

そんな建物の間の細長い緑地帯に、雨がしみこんでいる。

ベランダの配水管をまとまって通る水の音が、心地よい。

そんな朝です。

この新春から、桜が咲く春本番までの間に
ヒッポファミリークラブでも、活動活性化(!?)プロジェクトが企画されています。

フェロウもメンバーも、ワッタガッタ(行ったり来たり)して
全国で新しい仲間を作る動きにしていこう♪というものです。

私の行き先は町田のファミリー

そして、私たちのファミリーに来てくれるのは池袋地域のフェロウの方。

来てくれる時に、どんな会を開こうかな~とここ数日思案中。

で、今、気になるキーワードが「コンパルティール」

メヒコHippoにインターンとして行って来たフェロウ
(夫と3人のお子さんを持つお母さんが単身で!)が
メヒコで感じて持ち帰ってひも解いてくれたキーワード。

『コンパルティール』
メヒコの人々の中に、深く深く浸透している文化?習慣?
というより、心持ちみたいなものらしいです。

例えば、日本だとお菓子なんかをみんなにシェアする時ひとつづつ配るけど、
袋ごと渡しちゃう感じだそう。
まるごと、共有する感じなのかな~

グラシアス コンパルティール○○~、
グラシアス コンパルティールティエンポ~、
○○をシェアしてくれてありがとう~、
あなたの時間を私のためにありがとう~
みたいな感じで、しょっちゅう言われるんだそうです。

日本にないことではないと思うけれど、
「コンパルティール」というコトバと、
それで表現される「そのもの」が素敵に違いない

なんだか、そんな気がして、ワクワクするのです。

そんな、新しいコトバと共に、
今までにない、目の前がパ~ッと開けるような感じを
ヒッポの「7カ国語で話そう。」を実践している私たちから
伝えたいな~♪と。

チャオチャオ

2013年1月13日 (日)

今年の抱負

Hola!! コモエスタス?

あっという間に、聖誕快楽 ⇒ 新年快楽
明日は成人式、そして受験生のみなさんは、本番ですね。。。
アニモ! アニモ!

昨日は、新春の新月。

久しぶりに、ファミリー通信を書きました。

今年、私はどんなことをして過ごしたいんだろう・・・と思いながら。

「それぞれが輝ける環境創り」

原石を磨くと宝石になるように、
持ち味を生かして、その人らしく輝けたら。

もちろん、自分も磨いて輝かせたいんだけど
お互いがそうなるような「場」を意識したい。

子育てをしているお母さんが
元気で明るく、やわらかく
五感を活かせる余裕があり
地に足をつけて過ごせたら
子どもものびのび育つのではないかしら。

そんな「場」

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »