無料ブログはココログ

« 淡々と坦々と耽々と | トップページ | 国語辞典をひくことの無いことばの各人の背景からの意味 »

2013年3月27日 (水)

家庭内での文脈と社会の文脈

グーテンモルゲン! ビゲンツ?

今、いつも一緒にヒッポの活動をしている
11才の小学生男子がドイツにホームステイ中です。
昨夜のファミリーと呼んでいる集まりでは、
みんなで、ドイツに向って!?(^^)
「がんばれ!」の思いを送りました。
具体的には、出発前にリューキが
「ドイツ語のおいしいは、レッカー」と言っていたので
それにちなんで、みんなで声を合わせて
「リューキ、レッカー!」と叫んだの♪
来週の帰国が楽しみです。

さて...

別れと出会いの春。

みなさんにも春、来てますか?

私自身は、あまり環境は変わらない春なのですが、
気持ちの上での別れを望む気持ちと
新しい出会いを望む気持ちは、たーくさん(^^)あります。

ひとは、生まれてから季節を重ね
少しずつまわりの環境のことばを自分も使って、
人間らしく?なっていく。。。

ここ、しばらく、赤ちゃん研究の視点で
0才~3才に注目している私ですが、
今、気になっているのは
今日のタイトルにした「家庭内での文脈と社会の文脈」

それが両者、一致している部分が大きければ大きいほど
ひとのことばを受け取るザルが大きくなり(梅干すみたいな!)
一致している部分が小さければ小さいほど
ひとのことばを受け取るザルが小さく(あく取りみたいな?)
なってしまうのではないか。

そして、そのザルの大きさは
創造性、想像性に関連しているのではないか?
という仮説①です。。。

そして、家庭内での文脈が安定していればしているほど
ザルを大きくしやすく
家庭内での文脈が安定していないと
ザルを大きくしにくいのではないか?
というのが仮説②

今日使った文脈っていうコトバが指し示す意味は
5W1H 
「いつ、どこで、誰と誰が、何を、どのように話していたか」
のうちの内容を示す「何を」を除いた

「いつ、どこで、誰と誰が、どのように」ということすべてが文脈。

ヒッポの人は、その文脈の違いをも(トランスナショナルして)
ヒトらしい創造的想像力で
どんな国のどんな人ともコミュニケーションしていこう!って
ことをしているのではないかな♪ と思っているんだ~(^^)
そこは、本当に、これからの時代、素晴らしいことだと思うの。

今日のこの「文脈」というコトバの使い方についての
詳しいことは、
↓↓↓
秋山邦久著   福村出版
「臨床家族心理学」現代社会とコミュニケーション
の5章をぜひ、ご参照ください(^^)

« 淡々と坦々と耽々と | トップページ | 国語辞典をひくことの無いことばの各人の背景からの意味 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭内での文脈と社会の文脈:

« 淡々と坦々と耽々と | トップページ | 国語辞典をひくことの無いことばの各人の背景からの意味 »