無料ブログはココログ

« 「多言語っておもしろい」⇒「多言語で育とう♪」 | トップページ | ベトナム交流のおみやげ話 »

2014年3月22日 (土)

今年の青少年Camp

Zドラストビーチェ!

この春、ヒッポファミリークラブでは、
ロシアからのホームステイで受け入れるゲストが100人だそうです。
10才~おとなまで、ただいま続々来日中♪

そして、日本からも春休みになると
マレーシア、タイ、オーストラリア、フランスへ
ホームステイ交流に出かける青少年がたくさん!

パスポートとスーツケースを1人で持って、
海を渡る青少年。
ヒッポでは、小学校5年生からひとりで交流に参加できます。

過去30年の交流の積み重ねでできた、青少年交流手帳には
ステキなことばがいっぱい!です。

表紙には、
Multilingual "Youth Ambassadors" around the World

What is ヒッポトランスナショナル ホームステイ?
国や文化、習慣、ことばの違いをこえて、どんな人とも心を開いて交流する
国際交流プログラムを
「ヒッポトランスナショナル(国境を越えた)ホームステイ」と呼んでいます。

ホームステイでは、
「外国から来たお客様」ではなく「家族の一員」として
"ホストファミリーと一緒に生活する"

その際に大切なのは
★自立(Independence) 自分のことは自分でする
★自発(Initiative) 自分から行動する
★はっきりとした意志の疎通(Direct Communication)
                      自分の言いたいことをきちんと伝える
★何度もトライ!(Resilience)  失敗しても何度でも挑戦

これは、実は日本にいる日常でも大切なこと・・・

でも、あまりにも普通の日常だとなかなか意識できないことが
非日常として
ホストとしてゲストを迎えたり、
自分が海を渡ったりすることで、
ハッキリと自覚される!

そのミニ版というか、プチ体験が
3月初旬の週末1泊の青少年Campに込められています。

私たちの埼玉東地域青少年Campに参加できるのは、
新小学4年生(3年生の終わり)から、大学生年代まで。

今年は男女28人が参加しました。

持ちものは
お米一合と各自お泊りに必要だと思うもの

決まっているのは、
・明日元気に家に帰る
・公共のものは大切に
・ゴミの分別と収集の時間を守る
・チェックアウトは10時

宿泊キャビンの部屋割りや
夕食&朝食作りのグループ分け、
食事のメニューや、買出しなど、
青少年たちで決めていきます。

おとなは、出火したり、病気やケガのないよう見守る、
指示などしない座敷童子的な存在での参加です。

お泊りに必要なものとして、
ある小学生の男の子は、トランプを持ってきました。
夜、自分が好きな○○○○(忘れた!)で、
ルールがわからない人とも一緒にみんなで遊べるようにと
ルールを自主学習ノートに書いたものも準備!

女の子は、プロ○○(これも名前忘れた!)
初めて会った子とも、
一緒にキャビンのキッチンに立って、
夕食の準備をするうちに、どんどん仲良くなっていきます。

今年は、餃子を作るグループが多かったです。
(例年、簡単なカレーとか○○鍋とかが多いけれど)
「包丁が1本しかないから、白菜はみんなで、
 手でちぎった! だから、芯のところは大きくて、
 芯しか入ってないのもあったよ!」
と、楽しそうに報告する小学生(^^)

日常の中に、ちょっとした非日常が加わることで
また、いつもの日常にスパイスが加わるみたいな・・・

そして、また来年を迎えたとき、みんな
それぞれどんな成長をしているのだろう・・・

毎年の青少年Campは、ステキなドラマがいっぱいです♪

« 「多言語っておもしろい」⇒「多言語で育とう♪」 | トップページ | ベトナム交流のおみやげ話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582787/59334401

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の青少年Camp:

« 「多言語っておもしろい」⇒「多言語で育とう♪」 | トップページ | ベトナム交流のおみやげ話 »