無料ブログはココログ

« 今年の青少年Camp | トップページ | ヒッポは多世代 »

2014年3月26日 (水)

ベトナム交流のおみやげ話

シンチャオ! トイ ニックネームラー FAMI.

土曜日のオキドキファミリー@東鷲宮では、
1月にベトナムにホームステイ交流に出かけた
大宮・浦和のメンバーが2人、
体験談やベトナム語の発見の話をシェアしてくれました♪

ベトナム語のCDを
意味はわからないから、音楽のように聴きながら、
みんなでまねっこして、自分の口から声にしてみると、
おもしろい音がいっぱい!

ポンポコしてる感じ。弾むような、はねるような。
あまり口の奥の方からの発音はなくて
口の前の方で、いろんな音の高さを作る感じ?というのかな・・・

数の数え方、1,2,3,4,5,6,7,8を教えてもらって
みんなでゲームにして遊びました。

モッ ハイ バー ボン ノム サーだっけかな?
「もう一回バーボン飲むさー」みたいな音でした~(^^)

ホストファミリーに作ってもらったという、
おみやげのアオザイを着たメンバーの写真は美しく、

交差点で大量のバイクが発進待ちをしている数にはビックリし、

おいしそうなお料理の写真には、思わず食べてみたくなり、

今回のホストファミリー応募は50倍だった!という話には
ありがたく、うれしくなり・・・

自分は行っていないのに、
こうして、体験談をシェアしてくれる仲間がいる。
それを家族で聴いている。
うちに帰宅して、何かの瞬間に
「あっ、これ、Hippoファミリーで聴いた話に出てきた」
ということが重なっていくと、
何もなかったことに比べたら、
小さい雪だるまのまわりに、どんどんイロイロついてきて、
大きな雪だるま(体験)になっていた!

そんなことをHippoを創めた榊原陽さんは、
LEXと呼んだのではないかな。。。

実践部門のヒッポファミリークラブの母体は、
一般財団法人言語交流研究所

アメリカではLEXと呼ばれていて
Institute for Language
                 Experience,Experiment & Exchange

です。

それを毎週毎週、ファミリーという時間と空間=場に
集まった仲間と繰り返し、重ねていく。

そこには、なかなかメジャーで計れない、量れないものが
育っていくことが経験上わかっています。

そんな経験のひとつを次号で・・・

« 今年の青少年Camp | トップページ | ヒッポは多世代 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582787/59357297

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム交流のおみやげ話:

« 今年の青少年Camp | トップページ | ヒッポは多世代 »