無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

あいさつは、相手にするものでした(^^)

ナマステ!

先週金曜日の午前中、ぽぽら春日部という愛称で呼ばれる
春日部市民活動センターで開かれた
2歳児のママが子どもと一緒に主催する「多言語広場」に、
私も参加してきました。

ヒッポメンバーでない方にも開かれた、(お教室ではない)「広場」のコンセプト。

チラシを見て遊びに来てくれた親子のみなさんと、
いつもヒッポのファミリーで多世代でやっている遊びの中から、
小さい子とも遊びやすいもので楽しみました♪(^^)

ロンドンブリッジでは、橋になった私とヒッポメンバーで、
くぐる親子のみなさんに、いろいろなあいさつをしました。

そう、「あいさつをする」という表現の中には、
あいさつに使われる単語を口から声にして出すことが含まれますが、
それだけではないですよね。

お互い気持ちよく接するためでもあり、
仲良くしたい第一歩でもあり・・・
もっと他にも、こめられるものがあるかも。

なにしろ、今までにヒッポの場で、何十回、何百回と繰り返してきた光景。

でも先日は、新しい発見があったのです。
(ただ、それは当たり前のことなんですけれど・・・)

Hola!
Ciao!
アニョハセヨ!
ニーハオ!
などなど、
声をかけると、特にお子さんが、
うれしそうに、ニコニコして
Hola!  Ciao!  アニョハセヨ! ニーハオ!
とあいさつを返してくれるのです。

それを、ゲームの中での声の掛け合いとみるのか
あいさつとみるのか
外側から観察していても、実はわからないかもしれない。

自分の内側からの実感でしか、わからない世界があるのかも。

量子力学の世界でも、観察者がいることで、
実験の結果が変化することがあるそうで。

あいさつについては、自分の実感と、
それに基づく、相手への気持ちの
Creative Imagination 想像的創造が
人間にとって、とても大切だということ。

そこを大切にしよう!と言ってくれる
ヒッポファミリークラブを創始した、榊原陽氏の存在、
残してくれていることばは、いつも私たちの原点です。

榊原さんの著書「ことばはボクらの音楽だ!」明治書院から発刊されています。

2014年4月27日 (日)

ごきげんいかが?

Ciao!

新緑が美しい季節になりましたhappy01

桜が散ったままの文章に、背景のみが若葉になった画面を
ご覧になったみなさま、失礼いたしました。

長年親しんだThinkPadがXPだったので
すごく久しぶりにPCを購入しました。
道具が変わると、しばらくワタワタし、落ち着かず・・・
すると、みなさまに発信する気持ちも落ち着かず。。。
でした。

さて、
あいさつをひとこと交わした後、
「お元気ですか?」
「こきげんいかがですか?」
という習慣ありますか?

Bonjour!ca va?

Hola! Como estas?

ニイハオマ?

日本でも、
私が子どもの頃、親たちは
あいさつを交わして別れる時には
「ごきげんよう」ということばも使っていました。

元気=ごきげんが良い

改めて表現すると当たり前すぎますが、
意外に大切なのに、意識されていないのでは??
と感じることもあります。

からだの調子が良くて元気な時は、
まわりの人ともうまくいくような・・・

からだの調子が悪い時は、
きげんよくなんかできない・・・

なので、
ことばを育てるHippoの場では
みんながごきげんだと気持ちがいいheart04

みんなと会って、
おにごっこしたり、ゲームしたり
歌ったり踊ったり・・・
おとなも子どもも一緒に
ひとり ひとりのひととして。

いつもごきげんではいられないけれど、
でも、
だからといって、ひとと会うときに
自分が整えられないのもな~と。

お互いに元気にごきげんよくなれる場。

それは、ひとりでは創れない。
集まったみんなと創る。
だから、楽しいしおもしろいのだと思います。

2014年4月 5日 (土)

多言語ほどラクなものはない?

ナマステ!

桜が満開、そして この強風で、はらはらと桜吹雪が・・・
我が家の今年の駐車場は、桜の木の下。
きのうは、車を出すたびに、しあわせ色に包まれている車体が
なんともラブリーなのでした♪
さて、
新年度から気分一新、なにか新しいことにチャレンジしてみたい方、
多言語はオススメです!
なぜかって?
誰でもできるからです。
失敗がありません。
赤ちゃんが日本語が自然に話せるようになった
道筋で、どんなことばも話せるようになろう!という
ヒッポの活動には、失敗というものが感じられないのです。
入会してしばらく、まだまだヒッポのことがよくわからないうちは
みんなが言っていることもわからなければ
多言語のCDのどのことばもわからない・・・
普通のおとなは
「あ゛~」 
と、がっかりしたり? イライラしたり? モヤモヤしたり?
その方の性格や望むものによって現れ方はイロイロですが、
共通するのは、満足はなく、不満な感じなのかも・・・
そこで、赤ちゃんに学ぼう!です(^^)
赤ちゃんは、
おっぱいが欲しい とか
眠い とか おむつがぬれて気持ちが悪い などでは
不満で泣きますが、
自分の泣き方やコミュニケーションの取り方に
不満は感じてなさそうです。
まだまだ、他人からの評価もわからず、
ましてや、自分を自分で評価する習慣もないからではないでしょうか。
であれば、
私たちも、過去のことば(一般的な語学)に関する習慣をゼロにして
ヒッポの活動を始めたら、赤ちゃんに習う。
迷ったり、疑問を持ったら、赤ちゃんを観察する。
すると、不思議。
わからないことは当たり前で、
わからないことばかりの中でも生きていける
いやいや、世の中わからないことばかり・・・と謙虚にもなれて
わからないことは苦痛ではなく、当たり前。
その中から、わかることができたら、ラッキー♪
と。
だから、私にもできる。
誰にでもできる。
そうすると、多言語ほどラクなものはないと思う春です(*^O^*)/~

2014年4月 1日 (火)

化学変化?

Hola!

我が家は、集合住宅。
なので、庭?も集合庭?
なかなか一戸建てでは叶わない公園みたい♪
と、発想を転換してご満悦の私(^^)

桜の木もたくさん、それが一気に満開。
そして、大きなけやきの木に小さな薄黄緑の葉が出てきました。
朝日に照らされて、それはそれは生命力を感じさせてくれます!

そんな春。
Hippoの青少年たちが、全国で100名以上
アメリカ、フランス、マレーシア、タイ、オーストラリアなどに出かけています。

近隣のファミリーからも、小学校を卒業したばかりの男の子が
オーストラリアに出発しました。

送り出したお母さんが振り返るに・・・
昨年夏までは、Hippoの場ではあまり話すことがなかったそう。
そんな夏休みの最後の土日に、埼玉東地域の
赤ちゃんから、お元気な定年退職された方までが集まって
合宿をしました。
小3からは、親から離れて青少年部屋に泊れます。
そこでの1泊から、どんどん変化していったそうです。

どこか、海外に行ってみてもいいなと。
  ↓
日程など、家族と相談して、春のオーストラリア交流に申込み
  ↓
(先日の)青少年Campのチラシを手描きしてくれたり
     (すんなり引き受けてくれてビックリ&うれしかった!)
  ↓
クリスマス会の司会をしてくれたり
     (赤いサンタ帽をかぶって人前に立つ彼の姿が意外、感動!)
  ↓
国内ホームステイで栃木県小山のHippoメンバー宅にお泊り
1泊の予定が電話がかかってきて2泊になったそう。
  ↓
青少年Campでは、自らマイクを持って自己紹介、
英語のCDの1部分を歌う。笑顔も見える

そんな風に、私がたまに会うたびに、どんどん変化していきました。

自分で決めて、動くことで、今までとはきっと
環境が変わる?
すると、彼が住む世界が変わるのではないでしょうか・・・

そんな変化を観ると、その変化を生んだ理由や仕組みは何であれ
変化していくその力と可能性に感動してしまいます。

そして、そんな変化は、
いつでも、だれでも、どこででも なのだと
経験上確信しています。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »