無料ブログはココログ

« ヒッポファミリークラブ春日部が火曜&木曜に | トップページ | 0~2歳@託児ルーム »

2014年6月 8日 (日)

小学4~5年生が面白いと感じる講演会

ハムジャンボーテ!

先週末は、熱中症になりそうな暑さ。
今週は、連日の雨。。。。
みなさま、お元気でしょうか?

紫陽花がすごく美しいですね。

草加市民文化会館で開催されたヒッポファミリークラブの講演会に
行ってきました。

6/5木曜日と昨日土曜日に開催。

木曜日には、私は未就園児のベビーシッター役。
その時の0~2歳のBebeちゃん達の様子は、またのちほど。

まずは、
昨日土曜日に学校がお休みで講演会に参加した
小学生に感動したことを。

言語交流研究所研究員による講演は約50分。
その講演自体、内容がすごく練られていて、
50分とは思えないほど、ギュっと濃いものでした。
ヒッポの多言語活動で見出したエキスを
すごく飲みやすくしてもらった感じ(*^.^*)

そのエキスは、おとなだけではなく、
小学4~5年生の男女にも飲みやすく、
効果があったみたいで・・・(o^-^o)

「思ったより面白かった」

「今日は、ひとつの話をずっと聞けておもしろかった」

「楽しかった」

などなど・・・

どうだった?と聴いた私が「へぇー!それはよかった~!」と
びっくりするような感想が返ってきました。

ことば数は少ない、短い感想ではあるものの、
おとな向けの50分の講演をしっかり聴いた人のものだと思うのです。

ここのつ、9つから、とお、10歳へ。

ちょうどそのあたりの年齢には、何かあるのでしょう・・・
(昔から言われているけれど、にんげんの発達段階で)

ヒッポファミリークラブの青少年の海外ホームステイプログラムは
小学校5年生から参加可能。
そのココロは、そんな、とお、10歳という発達段階にある
子ども達の澄んだ心と身体全体で、広い世界を体感させたい!

そんな思いは、本当にバッチリなんだなとも思いました。

小さいころは、ただただ、生れた環境に
浸るしかない子ども時代。
それを徐々に自分が編集していく準備をするようになる。

そんな時も、親子で同じ講演を聴き、
同じ理念のようなものを共有する。

それがどんなに豊かな環境になるのか・・・

ワクワクします。

そんな環境は、思いがあるおとなが(主に)創り出すもの。

子ども達にも自然に伝わってしまう講演をした
講師の力量もすばらしいと思います。

そして、草加のヒッポの主催者は、
準備が大変で、もうやりたくないと思ったりしたけれど
やり遂げた後は、「また来年も開催したい!」と
顔を輝かせていました。

創り手、受け手、
話し手、聴き手、
自分と相手
どちらが欠けても成り立たないバランスのうえでのもの。

それをいつも当たり前に自然に意識して大切にすることが
多言語で育っているのだと実感した昨日でした。

春日部のヒッポファミリークラブでは、
夏休みの8/20(水)、23(土)午前中に
親子で参加できるワークショップを
9/19(金)午前中に無料託児付の講演会を企画中です。

詳細決定したら、またお知らせします。
どうぞ、お楽しみに♪

« ヒッポファミリークラブ春日部が火曜&木曜に | トップページ | 0~2歳@託児ルーム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582787/59778980

この記事へのトラックバック一覧です: 小学4~5年生が面白いと感じる講演会:

« ヒッポファミリークラブ春日部が火曜&木曜に | トップページ | 0~2歳@託児ルーム »