無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月 2日 (水)

赤ちゃんにまなぼう!は、まだクセがないから?

ボンジア!

突然ですが・・・

ひとは、それぞれ、なんらかのクセって持っていますよね。

歩き方、食べ方、話し方・・・

家庭の環境でのまねっこだったり、
幼稚園や学校、会社など、社会の環境だったり。。。

要因はさまざまでしょうが、
地球上で生物として生きていく上で、
人体にも自然なバランスがあるように思うのです。

そのバランスが崩れると、当たり前のように
ちょっと生きにくくなるみたいなことも、正直なところではないかしら。

今朝、ふっと

Hippoのことばの習得では、
赤ちゃんにまなぼう
というのも合言葉のようになっていて。

そのココロは、
無垢な赤ちゃんには、まだクセがない
バランスの良い状態があるからではないかなと思ったのです。

それならば、
私も生きてきた道すがら、いろいろな経験や環境やモロモロから
何かクセ(英語は苦手とか、絵を描くのも苦手とかも含めて)があるはず。

それがバランス良ければ、そして、周りともマッチしていれば、
すごく生きやすくて幸せなのではなかろうか???

自然にあるもの、草花も、動物も、色もカタチも、何もかも美しい。

にんげんも赤ちゃんは本当にかわいい。

そして、にんげんだって何もかも美しいはず!

Be natural   自然に

バランスよく、美しい

その感覚は、だれもが持って生まれたのではないかしら。

赤ちゃんにまなぶことで、
そして、それを自分の中の赤ちゃん=無垢な部分を活かすことで、
≒ヘンなクセは止めることで、

もっと美しくなれるのではないか、
いやいや、そんな謙虚でなくていい、
もっと美しくなる。

そんな思いが湧き上がってきた朝でした。

ヒッポファミリークラブがやっているファミリーという「場」や
ワークショップ、
フェロウと呼ばれている研究員のミーティングなど
いろいろな「場」は、
自分のクセを知らず知らずのうちに
みんなと交わることで、変えていくものではないのかしら・・・

それをもし、知らず知らずのうちにではなく
みんながもっと「意識」し始めたら、
もっと笑顔が増えて、もっと楽しく、優しく
そして、ひとりひとりが美しく輝けるのではないかしら。

そんな可能性を毎週のファミリーで実践、実験?したいです。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »