無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月 8日 (木)

宮大工小川さんの「不揃いの木を組む」

せーへぼんまにぱじゅせよ!

新年快楽!

2015年、スタートしましたね。

3学期も始まり、次女の通う中学校の学校だよりが届きました。

校長先生のことばに、
「総持ち」で支えあう
とありました。

法隆寺宮大工西岡常一さんの内弟子になった
小川三夫さんの信念は「不揃いの木を組む」ことだそうです。
校長先生の学校だよりの引用の引用で恐縮ですが、
とてもステキなので紹介したく。

著書では
「薬師寺の東塔にはいったら、ほんま、不揃いな木ばっかりだ。
それでも力強いんだな。あれも不揃いのよさや。
外側はちゃんと整っているが、裏では不揃いが総持ちで支えている
っていうのは、やはり最高のものだろうな。」
「不揃いのものを扱うのは、木でも人間でも大変だ。
規格化されたものは楽だ。しかし、その不揃いの木を生かして
一本一本組めば、千年超えても塔を支えているんだからな。」
とあるそうです。

建築用語「総持ち」とは、組み上がった木などが総合的に絡み合って、
単体としての木以上の強度や耐久性を、全体として発揮するような状況を
いうそうです。

なるほど!

今年の夏は、私も青少年と一緒に、韓国にホームステイ交流に出かけます。
ひとりひとりの体験だけれど、本番に向けての準備では、
とても参考になる視点だなと思いました。大切にしたい。

1/17~18には、春休み夏休みに青少年と一緒に交流に出かける
フェロウ(研究員)仲間との合宿があります。
私は初参加です。
わくわく、どきどき、楽しみです♪

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »